[103] 死を賭けたG−2号 1974/ 9/15 


脚本/鳥海尽三 演出/案納正美 
原画/二宮常雄、大凪和進、坂本英明

・ギャラクターの巨大ナマズメカ・ナマズーラにより、世界各国で地震が続発していた。ガッチャマン達はただちに出動したが、南部博士はジョーの身を思い、出動から外した。
 だが、ジョーは自ら掴んだ情報をもとに単身ギャラクター本部に潜入する。しかし、ジョーの身にじわじわと死の影が近づく‥‥。

ナマズーラ

□ ジョー「疲れたぜ‥‥」 (SYRさん   2005/02/26 15:18:23
□ ジョー「・・・雑魚は引っ込んでな!」この目つきがたまらない! (ハッチさん   2005/03/01 18:37:35
□ この回登場のギャラクターのチーフ、なかなか味のある人でしたが↑の眼光にびびっているようでは昇進は無理だったような、、 (廖化さん   2005/03/01 20:30:59
□ ジョー「ちぇ、又紫の君のおでましか。」 (ハッチさん   2005/03/03 03:28:50
□ ジョーの容態を聞いて受話器を置く南部博士の前髪がパラリ。心模様を表す細かい芸です。 (ハッチさん   2005/03/03 03:33:36
□ ジョー「健!G2号機だけでもゴッドフェニックスに乗せてってくれ。頼む。おれの代わりにな・・・。」健との視線の縺れ合った万感の想いを込めた見つめあいが・・・。 (ハッチさん   2005/03/03 03:42:12
□ 南部「ジョー。お前って奴は・・・。」やっぱり名台詞なんで(^_^;) (ハッチさん   2005/03/03 03:44:27
□ ジョー「一人でも多く貴様達を道連れにしてやるぜ!」 (ハッチさん   2005/03/03 03:47:43
□ 予告編でジョーのトレーラーを捜索する諸君の姿が。104話内ではその場面はなし。 (ハッチさん   2005/03/03 03:51:30
□ 病人の寝てるベッドの近くで医者が電話で余命何日かなんて話するかな?って子供の時は思わなかったけど(笑) (Muddyさん   2005/03/14 12:07:09
□ ジョーってば飛行機代(運賃)の持ち合わせがよくあったわね。 (南部響子さん   2008/12/02 22:30:42
  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3