[14] 恐怖のアイス・キャンダー 1972/12/31 

>仮タイトル「冷凍鉄獣アイスクリー魔」
脚本/陶山智 演出/木村節夫 
作画/広田全、平山則雄、飯山嘉昌

・人も船も一瞬のうちに氷の中に閉じ込めてしまう冷凍怪獣アイスキャンダー。この新兵器を使って、ギャラクターは次々に原子力船を襲った。この知らせを受けたガッチャマン達は行方不明になった原子力客船を追って北極に飛んだ。
 だが、救出に向かうガッチャマンの行く手には恐るべき冷凍怪獣が待ち受けていた。

□ 知らせを受けた時、健は寝ていた。Tシャツのままでベッドにゴロ寝だったが、ブレスレットは外していた。そして飛び出して行きながら、
「やれやれ、朝飯抜きで任務か」
と、ボヤく(笑) (SYRさん
  2005/02/27 20:11:38
□ 南部「忍者隊に夜も朝もない!緊急指令!」
博士はいつ寝るのだろう? (SYRさん
  2005/03/07 23:00:17
□ 「おはようガッチャマン。気分はどうだ?」って何だかスパイ大作戦みたい。だいたい寝てるのたたき起こされて気分がいい人って普通いないでしょ。 (Vittaさん   2005/03/08 10:06:20
□ 「何ですかこんなに朝早くから」と聞くケンもケンかと。それとも博士からの連絡に『出動命令』以外のものもあるの?(『遊びにおいで』とかあったら怖い) (Vittaさん   2005/03/08 10:07:36
□ 博士は氷山のビデオをケン達に見せる。ケンは博士の意図を組んでその氷山が潮の流れに逆らっていることを指摘。どの位置から撮影されたものかと聞く。(誰も判らなかったら博士は怒るんだろうか) (Vittaさん   2005/03/08 10:08:14
□ 「人間はギャラクター一味に改造するため基地の中にある改造人間研究所へ送りこまれた」初期の頃はギャラクターは改造人間の設定だったらしい。(この話だけの気もするけど) (Vittaさん   2005/03/08 10:08:29
□ 「俺にもどこにいくのか判らない。操縦しているわけじゃないからな。慌ててもしょうがない。まぁギャラクターの基地をとっくりと見せてもらうぜ」と言った途端に左右に首を振るケンとジュン。ちょっと間抜け。 (Vittaさん   2005/03/08 10:09:02
□ 「面倒だ。急降下してみろ」面倒だなんて言うから氷に閉じ込められちゃう。その上「こうなったら科学忍法火の鳥」おいおい。 (Vittaさん   2005/03/08 10:09:32
□ 「ありゃ何だぁ?」GPを追い掛けるアイスキャンダーを見た竜。反応が素直。 (Vittaさん   2005/03/08 10:10:15
□ ドリルで改造人間って。それもカッツェ自らそれをやるというのもねぇ。 (Vittaさん   2005/03/08 10:10:44
□ #21のサイボーグ馬、#27のルシー、#29のギャラックX、#43のロミナ&ジュリア、#70の死神少女、IIのジョー(禁句?)等々、ギャラクターはサイボーグ(定義または見解違い)をドリル(こいつらならドリル要りそう(爆))で造り続けていった。 (SYRさん   2005/03/08 17:45:08
□ でかいドリルで串刺しの改造で、大ざっぱなサイボーグができるのか
(^o^;) (p.Gさん
  2006/08/02 13:28:57
□ カッツェさん「またしても、してやられたか」そろそろ負けが込んできた。 (p.Gさん   2006/08/02 13:30:36
□ 健、幼女に手を振って「また会おうね〜」(驚いてしまった(^^;) (p.Gさん   2006/08/02 13:32:48
□ 健の、いきあたりばったりなリーダーっぷりが、随所に発揮されている。 (白雪さん   2008/04/11 13:15:21
□ ジュンと健が基地に忍び込んでまもなく、ジュンが捕まる。あまりにもあっさりと捕まるので、そういう作戦だと思っていたが、後で健に「助かったわ」と礼を言うジュン。…本気で捕まっちゃったのか(笑) (白雪さん   2008/04/12 23:25:15
□ 手術帽とマスクをつけたカッツェ様。耳はどーしたの?折ってんの???(笑) (みけこさん   2008/09/10 13:30:16
□ 車椅子に乗った病気のおじいさん。改造人間研究所に閉じ込められた女の子とケンとジュンを助ける為に自爆するのだが、遺体を見てみんな大丈夫だったのだろうか?鉄のドアを破壊するくらいだからかなりのスプラッターだったのでは?女の子は何でもないような顔でパイプを拾い上げていたが。 (みけこさん   2008/09/10 13:38:16
□ 倒したギャラ隊員の手榴弾を奪って応戦するケン。 (みけこさん   2008/09/10 13:42:05
  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3