[3] 嵐を呼ぶミイラ巨人 1972/10/15 

>仮タイトル「ミイラ怪人は嵐と共にやってくる」
脚本/酒井あきよし 演出/鳥海永行 
作画/須田正己、杉井興治、七戸洋之助

・ギャラクターの手により大昔の眠りから覚めたミイラ巨人。父の帰りを待ちわびて今日も雨の空港に佇む少年誠。ウランレスの秘密を追ってギャラクターの魔手が伸びる時、ガッチャマンの正義が燃え上がる。
 暴れ回るミイラ巨人と対決する科学忍者隊の活躍を描く、次回「嵐を呼ぶミイラ巨人」をお楽しみに。

ミイラ巨人(健がウランレスを装填したブーメランを弱点の背中に投げ、崩壊)
>GUEST:高原博士、誠、高原機長(誠の父。事故後はカッツェの変装)

□ マリーナが見えるコーヒーラウンジでお茶をする南部博士と健‥‥(*^-^*) (SYRさん   2005/02/26 02:01:56
□ 「いよいよ日本だな」と明確に国名言ってる。(ちなみに言ってるのはマコト君のパパ) (Vittaさん   2005/02/27 12:24:37
□ 博士「どこに行く?。話はこれからだ」
ケン「分かてます。白い物体と嵐との関係を調べろとおっしゃるんでしょう?」
博士「父親に似たのか。実に勘のいい少年だ」
敬語が使えるケン。 (Vittaさん
  2005/02/27 12:25:39
□ マリーナのお茶会。博士の前にはコーヒーカップが置いてない。博士はグラスを握ってるけど、水? (Vittaさん   2005/02/27 12:26:22
□ マコトの父親に変装したカッツェの前に素顔を完全に晒してるケン。 (Vittaさん   2005/02/27 12:26:45
□ 「バードミサイルを発射しても効果はない」ってまだ一発も撃ってない内から効果がないミサイルって。 (Vittaさん   2005/02/27 12:27:04
□ 健「大鷲の健です」・・・って、あのぉσ(^_^; (SYRさん   2005/02/27 15:12:41
□ 事故後、1人奇跡の生還を遂げた高原機長(実はカッツェ)が指輪をしていた事で密かに疑惑を抱いた兄・高原博士。
指輪はカッツェが中性的なキャラである事への伏線か? (SYRさん
  2005/03/03 14:22:49
□ 健「僕と同じだからですよ。父もパイロットでした。10年前、事故を起こして行方不明。でも僕は父が死んだと思いたくない。きっと、どこかで生きている。きっといつか会える。そう信じているんです。」 (SYRさん   2005/03/07 01:20:16
□ 「フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ」(66年東宝)の空港のシーンはまさにこれ!鳥海監督は映画マニアです! (Muddyさん   2005/05/16 00:34:02
□ やはり「大鷲の健です」の一言に尽きる…(笑) (白雪さん   2006/07/03 21:27:06
□ カッツェの化けた偽機長相手の健のアクションがシャープ。(健はスリムで貌もスマート)素顔での活躍も多いし「一人主人公」だ〜(^-^*)
坊やに「出来ない約束」をする「ヘタな嘘つき」の表情がいい。大鷲野健さん(^o^;) (p.Gさん
  2006/07/26 11:28:05
□ この回も素顔晒しまくりの健。ギャラクターの中で「お尋ね者」にならないのが不思議… (白雪さん   2008/04/12 23:34:19
□ 初期の健は髪が短めでおでこが広く目が小さめ。18才らしく感情の起伏がそのまま表情にでることが多い。 (みけこさん   2008/08/27 15:45:22
□ 「ギャラクター、俺が相手だ、来い!!」変装したカッツェ様をボコる健。好きだ。 (みけこさん   2008/08/27 15:47:14
□ 「ははは・・・、暴れろ、暴れるんだ、ミイラ巨人!!」カッツェ様の高笑い初登場。逃げ足も早い。一瞬、追いすがる誠少年に手でも振ってやるのかと思ったら、変装のマスクを外しただけ。やっぱり冷酷なカッツェ様。 (みけこさん   2008/08/27 15:51:14
□ 誠少年を幼き日の自分と重ね合わせているであろう健。少年に嘘をついてウランレスを手に入れるのはさぞかしうしろめたかっただろう。ちらりと本人から語られる過去が、ガッチャマンではなく素顔の健への興味をかきたててゆく。 (みけこさん   2008/08/27 15:56:09
□ 本放送時は4才だったが、ミイラ巨人が本当に怖かった。小学生になっても思い出すと眠れなかった。あの不気味さ、巨大さ、今でも睨みつける赤い目が怖い。 (みけこさん   2008/08/27 16:03:09
>マリーナが見えるコーヒーラウンジでお茶をする南部博士と健
BGMはローリング・ストーンズのレッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー。インストゥルメンタルだけど既成の曲が使われたのは珍しいのでは? (南部響子さん
  2008/09/09 19:19:27
  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3