[35] 燃えろ砂漠の炎 1973/ 5/27 

>仮タイトル「不死鳥の伝説」
脚本/永田俊夫 演出/鳥海永行 
作画/谷口守泰、池田順一、村中博美

・膨大な地下資源を巡って父と子が激しく対立している国があった。一触即発、世界大戦になる畏れがあるという。密命を受けた科学忍者隊はドリア王国に潜入する。
 だが、その行く手には磁力爆弾を操る国王軍、そしてその背後にギャラクターの魔の手が待ち受けていた。

モスコーン(油田上空に誘導し、アリ王子に狙撃させ油田誘爆により壊滅)
>火の鳥=2 

□ 変装を解いたベルクカッツェの背中に流れ落ちる金髪! (廖化さん   2005/02/25 14:45:29
□ いい考えがあると言ってケンは火の鳥になっちゃう。
「何がいい考えだ。ひっでぇもんだ。こんなに長時間火の鳥に耐えたのは始めてぜ。まいったまいった」と甚平にボヤかれる。 (Vittaさん
  2005/02/26 17:50:51
□ 国王がカッツェの変装だと気付いたケン。「まさか俺がおまえの命を助けてやるとは思わなかったよ」 (Vittaさん   2005/02/26 17:51:42
□ ケン「うろたえるな。ギャラクターの大ボスがみっともないぞ」 (Vittaさん   2005/02/26 17:52:15
□ 健「もし親父が生きていて、そしてギャラクターみたいな悪人だったら・・・俺は親父と戦うだろうか?」 (SYRさん   2005/03/07 22:39:46
□ 国内の紛争に何故忍者隊に出動命令が出るわけ?。「意外と面倒かもしれんぜ。内乱だろうとゲリラだろうと、事はドリア王国の問題だ」とギャラクターが絡まないと冷静なジョー。 (Vittaさん   2005/03/15 20:56:30
□ ジョー「竜。構わねぇからバードミサイルで脅かしてやれ」
ケン「バカなことをするな。相手はギャラクターじゃないんだ」冷静だと思って観てればやっぱりジョーはジョーだ。ようするに面倒なことは嫌い?。 (Vittaさん
  2005/03/15 20:56:55
□ アリ王子とどうやって連絡を取るのかとジュンに聞かれ「うん。まだ考えてなかったな」そのぐらい博士と打ち合わせしてらっしゃい。 (Vittaさん   2005/03/15 20:57:53
□ 「まともに連絡を取ると、不法侵入者として逮捕されるかも判らんぜ」というジョーのセリフは別に普通なんだけど、『逮捕』と言いながら自分の首を指で押える意味は何? (Vittaさん   2005/03/15 20:58:33
□ 父親と戦っているというアリ王子の言葉に「おとうさんと?」「実の父子が血を流し合うような戦争をするなんて考えられない」「どんな理由があるにせよ、父と子が戦うなんて」とケンは『父親』に幻想を抱き過ぎ。 (Vittaさん   2005/03/15 20:58:49
□ アリ王子と共に国王に会いに行くケン。国王の側近に「奇妙な男」と称される。(確かに知らない人から見れば奇妙な格好だわね) (Vittaさん   2005/03/15 20:59:04
□ 「どんなことがあってもお父さんを殺しちゃいけない」というケンに「おまえには私の気持ちが判らない」と言うアリ王子。それに応えるケンは「甘ったえるんじゃない。世の中には親に会いたくても会えない奴がいるんだ」。さて、どっちが甘いんでしょうか。アリ王子は国民の為に父親と戦ってるんだから、会いたいとか会えないとかという次元とは違と思いますが。 (Vittaさん   2005/03/15 21:02:50
□ 行き帰り火の鳥。ドリア王国が不死鳥伝説の国というのをうまく使ってる。けど、GPの燃料は火の鳥2回分じゃなかったのかね。(#68)無事に基地まで帰り着けたんでしょうか?。途中でガス欠? (Vittaさん   2005/03/15 21:18:11
□ ツッコミに来たらすでに↑されていた(笑)>火の鳥2回までのGP燃料タンク。 (SYRさん   2005/03/15 23:11:26
>さて、どっちが甘いんでしょうか。
父子の、というのでは#19のルーカー殿下が一番偉いと思う!迷う事なくギャラクターの悪に染まった父王を撃ったのだから。 (SYRさん
  2005/03/15 23:14:20
□ あり得ないアリ王子の声優の下手さ・・・ (ネルソンさん   2007/09/23 22:52:56
□ 国王に変装したカッツェ様、ガッチャマンの親父話を聞いて「えらそうな事を言っても子供だ」 (みけこさん   2008/10/08 14:56:28
□ その子供に「バカ笑いはやめるんだな、ベルクカッツェ!」と言われ、口をへの字にまげてムッとするカッツェ様。 (みけこさん   2008/10/08 14:59:27
  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3