[4] 鉄獣メカデゴンに復しゅうだ 1972/10/22 


脚本/酒井あきよし 演出/西牧秀雄 
作画/田中保、杉井興治、加藤茂

・ギャラクターが作った鉄獣メカデゴンは次々に石油資源を奪い各地に地震を起こしていた。そのために地震研究所の所長が死んだ。残された所長の娘は、健をギャラクターの一味と思い込み襲い掛かってきた。
 責任を感じたガッチャマンは少女をゴッドフェニックスに載せメカデゴンに復讐をさせるのであった。

メカデゴン(少女ナオミが撃ったバードミサイルにより撃破)
>BM=1(初登場)
>GUEST:中原所長、その娘ナオミ

□ 記念すべきBM初撃ちはジョーではなく、健によって無理矢理敵討ちをさせられた中原所長のお嬢さん(ナオミ)だった! (SYRさん   2005/02/26 02:12:03
□ ジョー「我慢できねぇ。バードミサイルをムカデの頭にぶち込んでやる」バードミサイル発射ボタンのフードを取り外すジョー。何だかガラスというよりプラスチックケースみたい。 (Vittaさん   2005/02/27 13:44:56
□ 健「大鷲の健です」・・・って、だからあのぉσ(^_^; (SYRさん   2005/02/27 15:13:18
□ 「バカな。それは非常の際に使うものだ。攻撃用ではない」バードミサイルの使用を宣言するケンに焦る博士。けど、非常の際に使用するミサイルって? (Vittaさん   2005/02/27 19:59:29
□ 少女の顔をひっぱたいて、なおかつ腕掴んで無理矢理バードミサイルのボタンを押させるケン。そこまでする必要がどこにあるのか謎。 (Vittaさん   2005/02/27 20:00:36
□ カッツェが素手。長手袋してない。塗りミス? (Vittaさん   2005/02/27 20:02:28
□ 保護した(殴って気絶させちゃったんだが)少女を自宅に連れ込んだりしないで、ちゃんとジュンに預けるなかなか紳士的な健(面倒だっただけ?)。
だがジュンはそんな健に「トンチキ〜!」とおヒス(笑) (SYRさん
  2005/03/05 17:13:46
□ 中原所長を助けられなかった+娘に父の仇を討たせてやりたい=独断で突っ走ってしまった;(反省)
この公式から健はブレスレットを外し、忍者隊を去ろうとする。だが、ここでやめられては元も子も無いので「世界の平和を願う人々が君を必要としているのだ」とカッコ良く説得する南部博士。だが「私が君を必要としているのでは無い」は嘘でしょうなあ(笑) (SYRさん
  2005/03/05 17:22:59
□ そしてラストシーンはこの回、素顔初登場!の4人のメンバーと、夕陽に向かってGO! (SYRさん   2005/03/05 17:25:47
□ この回の健 「しまった!」の替わりに(と言う訳ではないだろうけど)「バード・ゴー」が3回 (廖化さん   2005/03/15 23:54:36
□ 健の手はナオミにビンタをしたり、むりやりバードミサイルのボタンを押させたり、ナオミの涙をぬぐってやったりと忙しい。 (白雪さん   2008/04/12 23:38:04
□ 「パパの仇!!!」素手で大人の男に立ち向かっていくナオミちゃん。死ぬ覚悟だったのだろう。この気迫がケンに伝わり敵討ちの助太刀をさせたのだろうな。 (みけこさん   2008/08/28 14:09:09
□ ナオミちゃんと一緒にケンも居てくれると思ったジュン、ケンが出て行くのが分かると、とたんに態度が豹変。「女の気も知らないで〜!!」・・・って、気持ちは分かる。ケンがジュンの部屋に来ることなんてなさそうだもんね。 (みけこさん   2008/08/28 14:16:58
□ この頃、ケンだけが博士に呼び出され、ふたりで状況分析&作戦会議。ケン単独で調査に向かうことも多い。他の4人はケンほど拘束されてなさそうにみえる。 (みけこさん   2008/08/28 14:20:49
□ ナオミちゃんに感情移入して規則を破ってまで復讐を遂げさせるケン。さらに資格がないとブレスレットを外し、立ち去ろうとする。「世界中の人を少しでも幸せにしようと思って入った科学忍者隊」だったが、科学忍者隊である以上、個人的な感情は殺さなければならない。今後に通じる心の葛藤はすでに始まっている。夕日に向かって走っていく4人を追いかけながら気持ちの切り替えはできたのだろうか? (みけこさん   2008/08/28 14:26:39
  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3