[51] 回転獣キャタローラー 1973/ 9/16 

>仮タイトル「キャタローラーの挑戦」
脚本/鳥海尽三 演出/西牧秀雄 
作画/杉井興治、菊池晃夫、加藤茂

・平和な美しい国ホントワール共和国。だが、この国にも恐るべきギャラクターの魔の手が‥‥。それを探るレッド・インパルスの隊長。そして隊長と共に行動するガッチャマンは、そこに父親の影を見る。
 一方、ギャラクターは大統領の誕生パーティーを狙い、新兵器キャタローラーを繰り出して来る。

キャタローラ
>RI(ボルサリーノにスーツ姿でも登場) 竜巻きF=1
>GUEST:ホントワール国防長官、同秘密警察隊長

□ ホントワールの山小屋でのRI(父)と健(息子)との束の間の語らい。 (SYRさん   2005/02/25 14:43:08
□ 息子に「死ぬときは一緒だぞ」って言う紅親父。 (Vittaさん   2005/02/26 17:03:55
□ 「この任務が完了したら君は父親に会うことができるだろう」なんて博士が言うからケンが暴走する? (Vittaさん   2005/02/26 17:04:29
□ 「親父ぃ〜〜〜!」と泣き叫びながら、ガッチャマンが突っ走って来たら、かなりコワイと思います; (SYRさん   2005/02/27 00:25:12
□ 健「でも、俺は親父を恨んじゃいない。あんたと同じように、俺を捨てる理由があったんだと思うよ。それでなきゃ、子供を捨てるわけが無いさ」 (SYRさん   2005/03/07 22:27:02
□ 「ラジャー」「レジャー」
ホントワール行きを任務と言わずレジャー、と博士。大喜びの甚平のダジャレ。 (p.Gさん
  2006/09/06 09:48:39
□ 平和な風景を眺めクールな健。ジョーは竜と仲良く楽しんでいる。
RI変装?の紳士に加勢し健が乱闘になったのに気付くと、「喧嘩なら手伝うぜ」と一緒に駆けつける。 (p.Gさん
  2006/09/06 09:50:39
□ 健の、お父さんとの思い出の夢。ヒドイ所(^^;)で起こされたと思うんですが。 (p.Gさん   2006/09/06 10:05:00
□ 紅い親父のスーツ姿…やっぱり気障だ。 (白雪さん   2006/09/18 20:04:39
>「喧嘩なら手伝うぜ」
いくらレジャーとはいえ正義の味方のセリフとは思えん(苦笑)
まぁ、ジョーの場合はそういうことが多すぎますが。 (南部響子さん
  2008/10/15 22:58:29
□ ホントワール共和国というのは、健太郎の祖国なのだろうか?ケンも「懐かしいような、いつか一度来たことがあるような気がする」と言っているので、健太郎はここで家庭を持ったのかもしれない。祖国愛の為に家族を捨てたのか? (みけこさん   2008/10/23 14:39:56
□ ケンに力の差を見せつける健太郎。鮮やか! (みけこさん   2008/10/23 14:41:13
□ 「もうちょっと寝かせろよ。今、寝たばかりじゃないか」無防備な寝顔を晒してしまったテレ隠しか? (みけこさん   2008/10/23 14:43:09
□ ケンを庇いながら作戦を実行するRI。ケンが酸素ボンベで音を立てれば見張りをぶちのめし、ケンより先に切り込んでいくし、爆発時には爆風から守ってやっている。 (みけこさん   2008/10/23 14:49:40
□ 健太郎「ケン、ここから飛び込むんだ!さぁ、早く!!」ケンの脳裏に一瞬浮かぶ幼い日の思い出。確信はしないものの気持ちはぐらりと揺れただろうなぁ。 (みけこさん   2008/10/23 14:55:08
>ホントワール共和国というのは、健太郎の祖国なのだろうか?ケンも「懐かしいような、いつか一度来たことがあるような気がする」と言っている
そうそう、気になりますよね。ケンはホントワールの生まれで…とかいう設定があって、その伏線だったと思われる台詞ですが、それが活かされたり判明したりは、ついにしないままなのよね〜(^_^;) (さゆりさん
  2008/10/23 23:07:56
  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3