[52] レッドインパルスの秘密 1973/ 9/23 


脚本/鳥海尽三 演出/鳥海永行 
作画/二宮常雄、野崎恒仲、平山則雄

・父親に会える!この事を知ったガッチャマンの父親への思いは募る。だが、ギャラクターは巧みな罠を仕掛け、父親を思うガッチャマンを誘い出す。
 一方、ベルクカッツェは恐るべきV2計画に着手し、南部博士に挑戦状を叩きつける。V2計画とは何か?そして、ガッチャマンの運命は‥‥?

キャタローラー(バードミサイルでいともたやすく爆破)
怪鳥ミサイル(バンアレン帯を降下させる強力特殊ミサイル)
>RI BM(ヨーヨーのワイヤーによる緊急配線にて)
>GUEST:サブ、ホントワール秘密警察隊長

□ 「泣き虫のサブに暴れん坊の健」そんな時もあったらしい。 (SYRさん   2005/02/27 17:23:30
□ 幼馴染みのサブに引っ掛けられ、最大のウィークポイントである「親父」を餌にされたとは言え、あの無敵の健が易々と捕まったのはなぜだろう?とは言え、お陰で素敵なムチのシーンが見れた(・_*)\ (SYRさん   2005/02/27 17:26:10
□ 健の靴下は白、サブの靴下は赤。 (SYRさん   2005/03/01 19:55:35
□ ヴァンアレン帯にミサイル>原子力潜水艦シービュー号が活躍するSF映画「地球の危機」が元ネタか?凄いぞ鳥海監督! (Muddyさん   2005/03/01 22:51:12
□ 健のツケはこの回から。では当時のコーヒー代は幾らくらいだったのか?
<トリコロールの沿革より抜粋引用>
>昭和43年には日本初の高層ビル、霞が関ビルに出店しました。コーヒー1杯150円で、、、
昭和40年代後半も¥150〜¥200くらいだったと記憶している。 (SYRさん
  2005/03/02 01:07:27
□ 原子力潜水艦シーヴュー号ネタ@補足。
劇場用タイトル「VOYAGE TO THE BOTTOM OF THE SEA」'61(邦題『地球の危機』)
地球を覆うバンアレン帯が流星雨のため発火し、地上の気温はみるみる上昇。このままでは人類は絶滅する。原潜シービュー号は、核ミサイルによって燃えるバンアレン帯を地球の外に向かって吹き飛ばす為出動する。
なお配役はTVシリーズと全く異なるが、この劇場版はその後 '64〜のTVシリーズで『燃える北氷洋』のサブタイトルでリメイクされている。
う〜ん、ヴァンアレン帯が燃えるかどうかは知らないが、やはりこれが元ネタでしょうね! (SYRさん
  2005/05/29 20:25:43
□ 健は後に(2だったと思う)「暴れん坊の健」と自分で名告った事がある。(^^;) (p.Gさん   2006/09/06 10:09:19
□ 健は内緒の行動を甚平に打ち明けていく。(甚平は「結局オイラが博士に叱られた」とくさるが) (p.Gさん   2006/09/06 10:11:55
□ ガッチャマンの正体がバレないのがつくづく不思議 (p.Gさん   2006/09/06 10:14:34
>素敵なムチのシーンが
(^^;)↑前回「予告」にも出てたんですね。 (p.Gさん
  2006/09/06 10:17:45
□ 親父のことになると途端に周りが見えなくなる健。サブくんと出かけるのはいいが、ブレスレットの電源は入れとけ。とりあえずリーダーなんやし。 (白雪さん   2006/09/18 20:08:12
□ この回、ムチにばっかり気をとられてたけど(爆)健が一度もバードスタイルに変身してないことに、今、気がつきました(遅) (やあやさん   2006/12/30 14:05:12
□ 健は水を飲みながらサンドイッチを食べている。コーヒーかジュースか牛乳でもいい、なんか飲ましてやりたい。あとサブはジャケットを着てるのに健はいつものTシャツ一枚だ。寒くはないのだろうか。可哀相になってしまった。 (みけこさん   2008/10/24 13:57:53
□ スナックJでの健と甚平の日常会話。めずらしく健がずっこけたり三枚目してるが、この後の悲劇を思うと・・・ (みけこさん   2008/10/24 14:02:47
□ ジュンが弾いているのはフェンダー社のストラトキャスターかな? (みけこさん   2008/10/24 14:03:31
□ ホントワールの科学者だという胡散臭い人物を招き入れ、南部博士に面会させちゃう国際科学技術庁。博士も変装したカッツェ様だと分かったらとっとと捕まえてください。 (みけこさん   2008/10/24 14:07:48
□ 「カンベンしてくれよぉ」サブが見苦しい。「もう沢山だ、どこへでも行っちまえ!」さすがの健もサブを殴るほどの気力も残ってなかったようだ。 (みけこさん   2008/10/24 14:11:00
  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3