[68] 粒子鉄獣ミクロサターン 1974/ 1/13 


脚本/鳥海永行 演出/鳥海永行 
作画/須田正己、坂本英明、山田政紀

・南の島のある都市で突然核爆発が起こったという。この知らせを受けたガッチャマン達は、ただちにその島へ飛ぶ。だが、そこで彼らが見たものは砂のような小さな粒子から巨大メカに変身する鉄獣ミクロサターンであった。
 次々と仕組まれるベルクカッツェの罠に、果たしてガッチャマン達の運命は‥‥。

ミクロサターン(熱に弱い鉛の弱点を突き、火の鳥で撃破)
>火の鳥=2(放射能帯への往復にも使用)

□ 健「放射能に気をつけろ!」‥‥どうやって気をつけろと? (SYRさん   2005/02/25 14:38:56
□ 「島の中に放射能が無いというデータを信じれるか」「もし島全体が汚れていたら」「即死はなくても、かなり人体に影響を受けるだろうな」ケンはジョーとだけ会話してる? (Vittaさん   2005/02/26 11:11:43
□ 「死の街へ君達を送り込んだのだ。心配になって私もやってきたんだ。君達の元気な顔を見たら安心したよ」なんて博士が言うわけないじゃん。といのがケンが疑った理由?。 (Vittaさん   2005/02/26 11:12:50
□ ジュン、ジョー、甚平を手で払いのけて、ケンは南部にバードランを投げる。な〜んの躊躇いもない。「燃料が残ってる」というだけで躊躇せずにやるかね。 (Vittaさん   2005/02/26 11:13:26
□ 健「鈍いぞベルクカッツェ。自分の仮面に傷つけられて気が付かんとは、いかにもお前らしい!」 (SYRさん   2005/03/07 01:18:35
□ 健「整理してみよう‥‥」
とか全員で冷静に分析するのなら、スクリーンをズームにしたままでアリジゴクメカに捕まるなー! (SYRさん
  2005/03/15 19:57:34
□ カッツェが南部博士に化けて調査船で待ち構えていたトリックは、#42の忍者隊側が仕掛けたトリックと同じ。パクられてしまった? (SYRさん   2005/03/15 20:00:53
□ 科学忍法火の鳥は、キツいだけでなく燃費が悪い事が判明(2回でGPの燃料が無くなる) (SYRさん   2005/03/15 20:03:21
>キツいだけでなく燃費が悪い
燃費、わはは(^o^;) 火の鳥の回数を指折り「行って帰って行って・・・」と数え、ひぃ〜と嫌がる甚平はかわいい。でかい兄貴達も見るからに辛そうなのに小さい身体で耐えてるんだもんね。 (p.Gさん
  2006/10/03 10:48:58
>健「整理してみよう‥‥」
サスペンスタッチ?子供にも分かりやすいように?しかしGMの敵メカは無視して推理なんかしてると待っててくれない。
p.Gさん
  2006/10/03 10:54:46
□ 人の影が焼き付いた電車はゾッとする不気味さ。バードスーツって被爆を防ぐのだろうか。 (p.Gさん   2006/10/03 10:56:12
□ 「よーし、リュウ、低空飛行で挨拶していこう」礼儀正しい健。空母ではたくさんの人がGPに手を振っている。好きな場面だけど、結末を知ると悲しい。 (みけこさん   2008/11/13 16:37:43
□ カッツェ様が変装を解くシーンが鮮やか! (みけこさん   2008/11/13 16:44:10
  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3