[79] 奪われたガッチャマン情報 1974/ 3/31 

>仮タイトル「暗黒のショールーム」
脚本/徳増正彦、陶山智 演出/案納正美 
原画/二宮常雄、野崎恒仲、平山規雄

・国際科学技術庁本部にあるガッチャマン達のあらゆる情報がギャラクターのスパイにより盗まれてしまった。これにより、三日月珊瑚礁の在処はもちろんのこと、ガッチャマン達の正体も分かってしまう。
 その情報が、まさにベルクカッツェの手に渡らんとしていた。ガッチャマン達にとって重大な危機を迎える。

テントウムシメカ(カッツェの乗り物)
>しまった=3
>GUEST:ボロンボ博士、ルミ

□ 「ミカンでも食べないかね?」列車の旅には、やっぱりミカンだ。 (SYRさん   2005/02/25 14:04:40
□ 「綺麗な人だ‥‥」健、ルミの写真に一目惚れ(*^-^*) (SYRさん   2005/02/25 14:35:37
□ ジョー「なぁに。ちょっと締め上げりゃいい」 (Vittaさん   2005/02/26 09:41:19
□ ジョー「南部博士に見破られるくらいおどおどしてたというじゃないか」ってやっぱりジョーは博士を見くびってる? (Vittaさん   2005/02/26 09:41:54
□ ケンはサングラスをかけてボロンボ博士に近づく。ケンが囮の役を買ったのは、サテンのコーヒー代を踏み倒すためか? (Vittaさん   2005/02/26 09:42:20
□ 竜が「南部博士のツケじゃい」。こいつらそろいもそろってツケか? (Vittaさん   2005/02/26 09:42:41
□ ボロンボ博士の腕を捕まえて「科学者はこういうものは持たない方がいいですよ」とケン。 (Vittaさん   2005/02/26 09:43:51
□ 「どけぃ。おまえ達を捨てて一人で逃げるようなカッツェの言うことなんか聞くな。どけ。どけぃ」と睨みを聞かせて無理矢理通り抜けるケン。 (Vittaさん   2005/02/26 09:44:36
□ データを取り返せなかったというケンに「何をやってるんだおまえは」とどなり飛ばすジョー。 (Vittaさん   2005/02/26 09:45:00
□ ジョー「そいつならもうとっくに逃げてますよ。何しろ腕のいいやつですからね。あいつは」 (Vittaさん   2005/02/26 09:45:22
□ 爆風から守るためにとっさに抱きかかえたルミを、ハッとして放して照れる健。「ねえ、顔を見せて」と屈託のないルミにバイザーの先っぽをいじる健が可愛い! (SYRさん   2005/02/27 12:45:57
□ ラストシーンの元ネタ>赤木圭一郎、主演!「紅の拳銃」(列車の中のシーン) (Muddyさん   2005/03/01 21:58:55
□ 健「この人は俺の顔を知らないんだ。それでいいんだ」
過酷な戦いの中に過った一輪の花・・・はいいのだが、健はお金を持っていたのだろうか?座席につかずあんなトコに乗ってるって、まさかタダ乗り? (SYRさん
  2005/03/07 01:31:24
□ ちょっとだけルミに嫉妬… (白雪さん   2006/09/21 22:30:00
□ 「カッツェを追けていったわ」健をバックアップしたジュンはクールでキュート。
カッツェ逃走用のテントウムシメカに先に乗り込んだ健の、座りポーズが愉快。妙〜に堂々としていて全然忍んでいない。背後の健に全く気付かないカッツェの慌てぶりと笑対照。 (p.Gさん
  2006/10/23 10:39:59
□ ギャラクター隊員(人質を殺せと言うカッツェに陰口)
「悪いやつだなー」「アイツは鬼だよ」
人質を殺そうとしたら、ガッチャマンが
「でたぁ!」(化けモンかいっ)
p.Gさん
  2006/10/23 10:45:35
□ 怪しい被り物の人影に反射的一撃を放った健。ルミちゃんは健のキックを避けて倒れたんだろうか?助け起こされ何でもない顔をしていたが、マトモに受けてたらタダで済むワケがない。 (p.Gさん   2006/10/23 10:50:39
□ ここでてっきり南部博士の私兵だと思っていた科学忍者隊が、ISO本部のコンピューターに組織の秘密が組み込まれていることからも国際科学技術庁(ISO)承認の特殊部隊であることが、判明した。
つまり南部博士自体がISOと思っても良いのかも。 (Muddyさん
  2008/06/03 16:29:48
□ 健ってばあんなギャラマーク入りの名刺(?)をいつも持ち歩いてるのかしら? (南部響子さん   2008/10/22 18:24:41
□ 健は素顔の自分にルミが気づくかどうか車両のつなぎ目でルミを待ち伏せして確かめたのかな? (南部響子さん   2008/10/22 18:44:39
□ 「君はボロンボ博士の・・・」ケンとルミちゃんの初対面。ふたりとも初々しくてカワイイ。 (みけこさん   2008/11/29 20:47:41
□ 被り物をつけたルミちゃんの後ろに隠れてるケン。両手を肩に置いてあのマントの下で密着してたのねん。 (みけこさん   2008/11/29 20:50:19
□ 「パパ、あたしちょっと見てくるわ。何だかあの人もこの汽車に乗っているような気がするの」「危ないよ、またギャラクターがでたらどうする?」「いいの。そうしたらまたあの人が助けに来てくれるもの」完全に恋する乙女モードのルミちゃん。 (みけこさん   2008/11/29 21:01:34
□ ケンはケンで忍者隊とは合流せず、ボロンボ親子と同じ列車に乗り込む。護衛なんだろうけど、かなり私情が入ってる気がする。 (みけこさん   2008/11/29 21:08:18
□ ケン、列車の中でものすごく思いつめた顔で立ってるので、すれ違ったルミちゃんも思わす「!!・・・この人かしら?」で、わざと(のように見える)花を落として声をかけるチャンスをつくってやるが、ケンは花を拾い上げるのみ。あの花どんな香がしたんだろうね〜。 (みけこさん   2008/11/29 21:20:23
□ この回、ジョーが妙に鼻声。カゼひいてたのかな? (みけこさん   2008/11/29 21:21:41
  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3