[91] 三日月基地爆破計画完了 1974/ 6/23 


脚本/鳥海尽三 演出/案納正美 
作画/須田正己、野崎恒仲、杉井興治

・三日月基地を捜し出せ!ベルクカッツェは超豪華客船を爆破し、罠を張った。ただちに出動したガッチャマン達はギャラクターのコマンド部隊に後を尾けられ、ついに三日月基地を発見された。
 エイ型潜水艦から発射されたミサイル魚雷が、静かに三日月基地に迫る。危うし!三日月基地。

カニ型戦車(ジョーに「我慢できねえ!」とバードミサイルで蹴散らされる)
コバンザメ型特殊潜行艇、エイ型潜水艦

>BM=1 しまった=1
>GUEST:三日月基地の大勢の科学者、技師諸氏

□ 三日月基地に危機を招くのはいっつも博士。博士が不用意に「帰還しろ」っていうからいっつも三日月基地が襲われる。 (Vittaさん   2005/02/26 09:01:20
□ 博士が事件のあらましを話している間中、ケンは窓の外をみている。「正直言って気がすすまないんです」 (Vittaさん   2005/02/26 09:01:58
□ カニ型戦車の出現に「がまんできねぇ」ってバードミサイルを発射するジョー。 (Vittaさん   2005/02/26 09:02:34
□ 博士「基地の中を調べるんだ早くしろ」と監視装置が作動。「この三日月基地は何としても守らねばならぬ」と言ってる割りには監視装置は常時作動していない。 (Vittaさん   2005/02/26 09:04:23
□ マントから毛を毟って羽根手裏剣を投げるジュン。 (Vittaさん   2005/02/26 09:05:30
□ 目の前でカッツェにはめられて自爆する潜水艦に、ケンはマントで自分と博士を庇う。博士もスッとケンの背後に回る。 (Vittaさん   2005/02/26 09:06:26
□ 「こんな広いところから無理よ」と泣き言を言うジュンに「探すんだ。泣き言を言ってる暇はない!」と言葉を遮る。 (Vittaさん   2005/02/26 09:06:56
□ 健が止めたのにも関わらず、「我慢できねえ!」とジョーがカニ型戦車如きにBMなどブッ放すから、コバンザメメカに引っ付かれてしまった。三日月基地を危機に晒した張本人は実はジョーなのダ。 (SYRさん   2005/02/26 17:35:05
□ ジュン「あんた達ギャラクターというゴミを掃除してるのよ」 (SYRさん   2005/02/27 00:05:00
□ ↑このシーンのちょっと前、健とギャラクターの格闘時、白い羽根が飛び散るカットがある。ジュンの、
>マントから羽根を毟って羽根手裏剣を投げる
シーン同様、後にも先にもこのような描写は無いが、やはりバードマントは九里説通り「鳥の羽毛状で1枚の布ではない」証しだろうか?(ジュンのマントが弾丸で毛羽立っているカットもある) (SYRさん
  2005/03/16 14:06:11
□ ↑羽根が気になってスローでじっくり(笑)件のシーン、健が右手に羽根を3本くらい握って>[Click]、それで殴っているように見えるのだが>[Click]、ひょっとして羽根手裏剣なのか?・・・でもそのギャラは血も流してないで生きてるし・・・
謎だσ(^_^; あの羽根〜!? (SYRさん
  2005/03/16 21:32:59
□ 「スリルで全身がゾクゾクするぜ」と任務を愉しんでいた優秀?なギャラ隊員達。しかしやはりカッツェにあっさり使い捨てられる。 (p.Gさん   2006/11/21 14:47:31
□ 走る健を床上のカメラから、というアングルのカットがシャープ。遠景から走り込んで来る健が、飛び越えて走り去っていく。バードスタイルの「走り」を躍動感たっぷりに観せる。 (p.Gさん   2006/11/21 14:53:29
□ 普段あんまり見られない三日月基地の内部が見られる。シャンデリアのある部屋って会議室? (みけこさん   2009/02/11 15:34:39
□ ジュンの投げた羽根手裏剣がギャラ隊員を倒す。目の前で死ぬのをみて、恐れ戦いたように見えるジュン。今までカッコよくギャラクターを倒してきたジュンらしからぬ表情だった。でも周りは頚動脈を切り裂かれた隊員の血の海だったんだろうな。日曜午後6時からの放送だったので、劇中血の表現は不自然なくらい少ない。 (みけこさん   2009/02/11 16:05:47
□ ケン「さぁ言うんだ!さもなければコレ(ブーメランを見せつける)でお前たちをこの世から消してやるぜ!!」この#91と#92のケンは神経がピリピリ張りつめていてとても厳しくて恐い。 (みけこさん   2009/02/11 16:10:38
□ カッチェ様の輝きぶりに身もだえまくりました。手下に赤いボタンを押させたときの笑いっぷりには鳥肌もん!
スタッフと声優さんの魅せる技に畏れ入りました、マジで!!
今のアニメとかに迫力を感じない、アニメとか好きだがどうも違和感を感じてしまう理由を垣間見た瞬間でもありました。
やっぱり、この作品は偉大ですね。 (北極海の重労働怖いさん
  2009/06/16 02:25:13
  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3