ANOTHER STORY OF THE GATCHAMAN バナー

THAT'S NOT TRUE  !

by 鷲尾さゆり


       
      ひどい雷雨になった。一セント硬貨ほどもある雨粒が激しく屋根を叩く。
      大気にはオゾンの香りが充満し、激しい稲光りの中で楡の木々が嬉しそ
      うに枝を伸ばして全身にシャワーを浴びている。俺はストロボライトのよ
      うに明滅をくり返す稲妻に見とれていた。その時、デスクの上の無線機が
   ザーザーと文句を言い出した。
ー「こちーらイーグル・ワン、W-AS、ー応答せよ。」
 雑音に混じってあいつの声がそう言った。応答せよ、と言われてもなあ ・・・。
ー「応答ーよ!電波状ーが不安定ーやく、出ろっ、ジョー!」
 なんだ、俺に言ってたのか。まあ他には誰もいないが。俺は送信スイッ チを入れ、マイクに向かって怒鳴った。
「こちらWAS、か?聞こえないぞ、健!もっとはっきり喋れ!」
 ザーザーという空電音がひとしきり高くなり、それが少し収まってから、 ー「WA-Sはそこだっ!とっとーと応答しろ!馬鹿っ」
 と、憎たらしい返事が返ってきた。
「なにが馬鹿だ?おい、いったいいつまで待たせる気だ?おまえこそとっ とと帰って来い!今日は俺の・・・」
ー「分かってー。でーひどい雷雲ーでーへは降りられない。リズの所ーし てー。別ーに緊急着陸ー、帰るー。ージョー、待ってー」
 また空電が激しくなり、健の声はそこまでで途絶えた。
「おい、健!何だって?分からないぞっ!応答しろ、こら!」
 周波数をいろいろ変えてみたが、雷雲に邪魔されてか一向に埒が開かな い。ブレスレットの交信スイッチを叩いてみたが、なぜか切っちまってや がる。要するに雷でここへ戻れないから、リズの所へ降りる・・・とか言 う事だろ?そりゃないぜ、さんざん待たせやがって。
「くそっ!」
 俺は舌打ちしてスイッチを切ると、無線機の周りにあるノートやメモを めくった。数字とアルファベットの羅列がいくつも書いてあるが、このう ちのどれが”リズの所” なのか、さっぱり分からない。リーダーの癖に まったくだらしのない奴だな、健は。この散らかり様はどうだ?
「地図だ!」
 ひびが入った漆喰の壁に航空路、気象図と並んでユートランド近郊の地 図が張ってある。俺はそれをじっと睨んだ。
「これだ!」
 民間飛行場のひとつに赤いペンで丸が付いていた。市街を挟んで反対側、 車を飛ばせば一時間といったところだ。俺はひどい雨の中を車まで走った。
 雨脚は衰える様子もなく、稲光りと雷鳴もいよいよ激しい。だがそのお 陰で道路は嘘のように空いていたし、ヘッドライトが照らし出す風景もい つもと違った雰囲気で、俺は気分よくハンドルを握っていた。このぶんな らば早く着くだろう。真ん丸な目をして驚くあいつの顔が目に浮かぶよう だ。
(何が馬鹿だ。人をさんざん待たせておいて。)
市街地を抜け、しばらく走るとけっこう大きな河川がある。広い河川敷 きに数棟の格納庫と管制塔が並び、その向こうには鋪装された滑走路が一 直線に伸びていた。この辺ではいちばん大きな民間飛行場らしい。ここが ”リズの所” に違いない。俺は事務所の前に車を停めると、また雨の中 を走った。
(あいつめ、驚くだろうな・・・)
ドアを開けると、数人のパイロットとオペレーターががやがや話してい る。急激な積乱雲の発達で空の交通事情は大混乱らしい。民間小型機のコ ントロールセンターでもあるここも大忙しのようだ。ざっと見回したが、 パイロット達の中にあいつの姿はない。俺は通りかかった一人の女性を捉 まえて尋ねた。
「イーグル・ワンのパイロットは?」
「イーグル・ワンて、健の?リズ、健はここへ降りたの?」
 彼女にそう問われて、カウンターにいた別の女性が顔を上げた。 (彼女がリズ?)・・・そう、リズだ。大きな榛色の目をしたその女性は、 カウンターを離れて俺の所まで来ると、
「あなたは?」
 と訊いた。この声には聞き覚えがある。へえ、なかなかの美人じゃない か!
「健の友達さ。その、健を迎えに来たんだけど・・・」 「あら、健のお友達?でもイーグル・ワンはいないわよ。」
(なんだって?) 目が丸くなったのは俺の方だった。
「ちょっと待って・・・」
 リズは交信記録を調べてくれた。
「あった!健は一時間ほど前にWASへ帰るって連絡して来たわ。ちょうど雨 が降り始めた頃ね。今頃はお家にいると思うけど?」
(その馬鹿たれがお家に戻らないんでここへ来たんだよ、リズ。)
 だが、心とは裏腹に俺はにっこり微笑んで言った。
「ありがとう、リズ。家に行ってみるよ。」 「待って!」と、彼女は俺の腕をつかんだ。 「?」 「お邪魔かもよ・・・」  と、小声でそう言うと何だか意味あり気に笑う。 「邪魔って何のことだい?」 「健たら失礼なのよ。寝言で他の女性の名前を・・・」 「おーい、リズ!ロメオ・エイトはどこへ降りたって?」
 カウンターから呼ばれ、彼女は慌ただしくそちらへ行きかけてから、ちょ っと真顔になって、
「ねえ、健の恋人ってどんなひと?」
 と、訊ねた。知るもんか、と答えようとしたが急に悪戯を思いついて、 俺は手近のメモにある電話番号を走り書きして、言った。
「この店の娘に聞いてみな。」
 車に戻った俺は雑音だらけの交信を反復してみた。”別の” 何とかって言ってたよな。別の飛行場か?別の恋人か?まさか墜落しちゃ ったんじゃないだろうな。この雷雨じゃ空の上は恐ろしいことになってい るだろう。だが、事故があったならリズに連絡が入ってるはずだ。小型セ スナと言えどもラジオ・ビーコンや救難信号は装備しているし、それにあ れはG1号機だ。第一、あいつが雷ぐらいで墜っこちるとは思えない。
(どこへ行きやがったんだ?あの馬鹿たれが。今日は俺の・・・)
雨脚はいくぶん衰え、ゴロゴロ鳴る雷もだいぶ遠退いてきた。
(ま、健のことだ、朝になればけろっとした顔で帰って来るさ。)
 そう思うことにして、俺は車をスタートさせた。考えてみれば雨の中を 走り回ったり、心配したり、ずいぶん損をした気がする。当のあいつはき っと悪天候をダシに” 恋人” とよろしくやっているに違いない。失礼と いうよりは腹の立つ奴だ。今度は寝言でリズの名前でも呼んで振られちま え。  そうだ!どうせあいつは今夜は家に戻らない。よし、シャワーを浴びて、 予定通りにスナックJに行って、それからあいつの買ったばかりのあの広 いベッドでのんびりと寝てやれ。そのくらいの事をしても罰は当たるまい。  小止みになった雨の中、俺はまずシャワーを浴びるために、あいつの家 へ引き返すことにした。  市街地の外れにある林を突っ切ると、草に覆われた空き地と見間違えそ うな小さな飛行場が唐突に現れる。雨はすっかり上がり、縁飾りのように 並んだ大きな楡の木の上にきれいな月が出ていた。吹く風は急に秋めいて 冷たい。   さあ、熱いシャワーを浴びよう、と、ドアを開けた俺の心臓は一瞬、止 まるかと思った。月明かりが差し込む窓辺に誰かいる!
「誰だっ?」・・・と、俺。 「俺だっ。」・・・と、あいつの声。・・・え、健?
 慌てて窓辺まで行くと確かにあいつがそこにいた。ずぶ濡れのままで、 寒そうに両腕を身体に巻き付け、怒ったような顔をして俺を睨む。
「健!何やってるんだ、おまえ?なんでそんなに濡れてるんだ?」 「おまえこそどこへ行ってた?人が死ぬような目にあって帰って来たのに、 おまえはいないし・・・」 ーそれからあいつは一気に捲し立てた。途中の 「馬鹿」だの「ちくしょう」だのを省いて要約すると、つまりこういう事だ。  雷雲を迂回して海岸沿いを飛んだが(危険がある時は、人家のない海上 を飛ぶ)、日没には間に合わないので博士の別荘へ降り(あそこになら滑 走路がある)、そこからバイクであの雨の中を走って来てずぶ濡れになっ た事。そしてリズの所へ変更を連絡をしてくれ、と俺に頼んだ事(行方不 明と言わなくて良かった!)・・・まあ、この二点だ。
「無線が途切れ途切れでよく聞こえなかったんだ。でも何もそんなにまで して帰って来なくても・・・」
「そりゃないぜ、ジョー。誕生日だから帰って来いって言ったのは誰だ?」
 あいつは俺の顔をまじまじと見、呆れたように言った。そうだった!す っかり忘れてたぜ。それで俺はここで待ってたんだっけ。
「悪かった。謝るから、とにかくシャワーを浴びて着替えろよ。風邪を引 くぞ。それにまず灯りをつけよう。灯りを・・・」
 だが、スイッチを入れても灯りはつかなかった。
「落雷で停電してる。」
 無愛想にあいつが言った。
「だからボイラーも点かないし、シャワーも水しか出ない。」
 俺はため息をつき、とにかく手探りでバスタオルを持って来て、窓から 差し込む月明かりの中で濡れたままのあいつの髪をごしごしと拭いてやっ た。疲れたのかほっとしたのか、あいつは俯いたままじっと立っていた。 月明かりのせいか、いやに血色がない頬に長い睫毛が影を落としている・・・。  具合でも悪いのか?と、思った時、あいつは突然顔を上げて、
「ジョー、誕生日おめでとう。」
 と、言うと、それから俺の目をじっと見つめ、何か思いつめたように口 ごもりながら続けた。
「でも、すまん。実は何もプレゼントがないんだよ。」
 なんだ、そんな事を気にしてたのか?思わず噴き出した俺は、乱暴にま たごしごしやって、こう答えてやった。
「そりゃないぜ、だな。まったく!さあ、とにかくジュンの店に行こうぜ。 シャンパンとケーキにはありつかなくちゃ。」 「ああ、そうしよう。俺も腹ペコだ。」
 濡れたシャツを苦労して身体から引き剥がしながら、健も笑顔を見せて、 そう答えた。
 俺は着替えた健を乗せて、ダウンタウンにあるスナックJに急いだ。街 の中に入ると、街灯も店々の灯りも煌々と点いている。ジュンの店の外に 置かれた”J”型のライトもいつも通りだった。
「こっちは停電しなかったみたいだぜ、健。」 「良かったな、ジョー。さあ、ご馳走が待ってるぞ。」 
 俺達は暢気な事を言いながら、ドアを開けた。
「よぉ、待たせてすまなかったな。」
 甚平と竜が、ハッとしたように真ん丸な目で俺達を見た。え?どうした ってんだ、いったい?と、そこへジュンの怒声が響いた。
「ちょっと、健!寝言にまで名前を呼ぶ恋人って何なのっ?」 「こいびとぉ?急に何を言い出すんだよ、ジュン・・・?」
 何かが俺達の間を飛んで行った。確認は出来なかったが、何か美味そう な物だった可能性が高い。そして不吉な事にそれに似た物体が次から次へ と外へ飛んで行き、最後に健を直撃したそれは確かに俺のバースディケー キだったようだ。
「だいたい、電話を掛けてきたリズって誰なのよ?それにどうしてそのリ ズって女が、健の寝言を知ってるのっ?」
 結局、俺の誕生日はケーキもシャンパンも熱いシャワーもない、最低の 誕生日となった。思わず俺はもう一度、
「That's not true !」
 と呟いていた。そりゃないぜ、まったく・・・!

- THE END -




Top  FicList

バナー ANOTHER STORY OF THE GATCHAMAN